社会福祉法人東京かたばみ会

職員の新型コロナウイルスの感染について

令和3年1月10日に、調布市ちょうふの里デイサービスで勤務する介護職員の新型コロナウイルス感染が確認されました。
 当該職員に関しては家族で体調不良者が発生し、1月6日から出勤を見合わせております。その後、濃厚接触者としてPCR検査を実施し、1月10日に新型コロナウイルス陽性が確認されました。本人の症状は1月10日から発熱、寒気及び咳の症状が出現しています。保健所から1月8日が発症日と特定され、施設内での濃厚接触者なしと判断されました。調布市ちょうふの里デイサービスのご利用者、ご家族には、1月10日以降電話にて状況報告させていただいております。
 調布市ちょうふの里では、新型コロナウイルス感染予防マニュアル等に則って、フロア、テーブル、車両等の消毒を行いながら、感染防止に努めて事業を実施しております。

感染確認までの経緯
1月6日(水)家族で発熱者が発生し、PCR検査実施となったことから出勤を見合わせる。
1月7日(木)家族PCR検査の結果 陽性
1月9日(土)本人PCR検査実施
1月10日(日)PCR検査結果 陽性
        本人 発熱、寒気、咳の症状が出る。